ケノン おしり

ケノンでおしりの2種類の毛の脱毛方法

ケノンでおしりの毛は脱毛できる?おしりの部位ごとの脱毛効果について紹介します。一言で、おしりの毛と言っても2種類あります。肛門周辺に生えている硬い剛毛。そして、おしり全体に生えている柔らかくて短い産毛です。ケノンの脱毛器は産毛にも使えます。また2016年1月に登場したストロングカートリッジにより、剛毛にも効果的に脱毛が可能となりました。つまり、おしりの剛毛も産毛も両方対応可能です。問題は照射方法ですが、おしり全体に生えている産毛はとても簡単で、普通の肌と同様に照射するだけです。手を後ろに回して照射することになりますが間違って2度打ちしないように注意しましょう。鏡を使ってもおしりの部分はなかなか照射しにくい場合もあります。もしパートナーがいれば、照射してもらうとより容易におしり脱毛ができます。もちろん一人でも可能です。難易度の高いのが肛門周辺の剛毛です。自分は生えていないと思っていても男女問わず生えているケースが多いです。肛門周辺は凹凸があり、照射しにくいです。サングラスを着用し、しっかり冷却した上で、和式トイレで用を足す格好になって下から照射するのが一番容易です。股を開くほど照射しやすくなります。照射レベルはおしり自体はそこまで痛みは感じやすくは無いのでレベル5ぐらいから始めて徐々に上げて大丈夫です。肛門周辺の場合、性器に光が当たらないようにショーツをはいた上で横にずらして肛門だけ出す形で照射する方が安全です。レベルは1から徐々に上げていきましょう。ケノンでおしり脱毛を始めたい方は今すぐケノン公式サイトをチェックしてみて下さい。